スズメバチの巣を駆除するならプロにお任せ!|素早く解決!

被害の改善方法について

アリ

昔から日本には300種類近くの蟻が生息しています。蟻は個体で行動するということは少なく、基本集団で行動する習性があります。ちなみに蟻の集団のことはコロニーとも呼ばれています。コロニー内では巣の中で唯一産卵を行なえる女王蟻を中心として構成されていて、その下の序列にいる働き蟻は女王をサポートし巣を守る役割を担っています。そんな昔から日本に生息している蟻は、時々人間の居住エリアに姿を現しては様々な被害をもたらすことがあります。家内の床などに食べ物をこぼしてそれに気づかずにしばらく放置した結果、落とした食べ物に蟻が群がっていたという経験を持っている方は意外にも多いかと思われます。そういった被害をもたらすことが原因で家に侵入してくる蟻は不快害虫だとも呼ばれています。

住宅へ良く侵入してくる蟻としてイエヒメアリというのが有名かと思われます。この蟻の特徴は少ないスペースに巣を作ることが出来るという点と繁殖力に優れているという点です。そのためイエヒメアリ発見した場合は早めに駆除を行わないと、どんどん繁殖を繰り返して被害が拡大してしまうことが懸念されます。
蟻を駆除するためには殺虫剤などを購入して自分で行うか、業者などに依頼して駆除をしてもらうかの二択に分けることができます。これらの方法のどちらが有効的なのかというのは、出現した蟻の種類によって変わります。繁殖力がそこまで強くないありであれば自分で駆除を行うのも良いでしょう。しかしシロアリやイエヒメアリなどの繁殖力が強い修理の場合にはプロである業者に駆除を依頼した方がスムーズに解決するかと思われます。